トミカ2台でレースができる

トミカ2台でレースができる
学研ブロックでトミカのミニカーレースも作れますよ。
最後は1台に絞られてゴール。勝敗が決まります。
動画もとったのですが急いで作ったので部屋が汚くて上げられませんでした。
普通のブロックに長細いのを間に挟んでトミカ1台ちょうど入るコースにしています。
2本の道を作ることで競うことができるようにしました。


この並走コースを作ろと、1コマずれるのでスタートとゴールが作りにくいのですが、上記のようにすると整います。
ゴールも作りやすくなりました。


さらに2台同時にスタートさせるギミックはこんなのはどうでしょうか。
余ったブロックを有効活用しています。
これで2台同時スタートで不公平さもなくなりますね。

プラレール2台でもレース可能!

プラレール2台でもレース
学研ブロックの横幅はプラレールの横幅にぴったり合うので、
トミカのレースだけではなく、プラレールの競争にも使えます。
ゴールのところを狭くすれば、1位と2位がしっかりわかりますね。

プラレール2台でレースといえば、イニシャルDのパロディーの複線ドリフトを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です